第 1 章  総 則

(名 称)
 第1条 本会は、北海道帯広柏葉高等学校同窓会と称する。

(事務所)
 第2条 本会の本部を帯広市東5条南1丁目1番地の母校に置き、必要に応じ総会の議決を経て支
     部を設置することができる。

(目 的)
 第3条 本会は、会員の親睦及び相互扶助の増進を図ると共に、母校の発展を期することを目的と
     する。

(事 業)
 第4条 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
   (1)名簿の作成に関すること
   (2)会報の発行に関すること
   (3)植林に関すること
   (4)会員の教養厚生に関すること
   (5)会員の地区支部、職場支部及び各期の組織形成、強化に関すること
   (6)資料の蒐集展示に関すること
   (7)その他本会の目的を達成するために必要な事業
 

第 2 章  会 員

(種 別)
 第5条 本会の会員は、正会員及び特別会員とする。
   (1)正会員は次の者とする。
      ① 北海道庁立帯広中学校卒業者及び4年終了者
      ② 北海道立帯広高等学校卒業者及び2年終了者
      ③ 帯広市立商業学校卒業者
      ④ 帯広市立工業学校卒業者
      ⑤ 北海道立帯広高等学校併置中学校卒業者
      ⑥ 帯広市立商工高等学校併置中学校卒業者
      ⑦ 北海道立帯広商工高等学校卒業者
      ⑧ 北海道帯広柏葉高等学校卒業者
      ⑨ 同校に在学した者で常任幹事会において承認を得た者
   (2)特別会員は次の者とする。
      ① 母校の教職にある者
      ② 母校の教職にあった者で総会において推薦した者

  2 会員の責務および個人情報の取り扱いに関して必要な事項は、総会の議決を得て会長が別に
    定める。
 

第 3 章  役 員

(役員の種別)
 第6条 本会に次の役員を置く。
   (1)会 長  1名
   (2)副会長  若干名
   (3)監 事  3名
   (4)幹事長  1名
   (5)副幹事長 若干名
   (6)常任幹事 各期男女1名(原則)
   (7)部 長  各部1名
   (8)副部長  各部1名ないし2名

(役員の選任)
 第7条 正・副会長、監事、正・副幹事長、正・副部長は総会において選任する。
    2 常任幹事は会長が委嘱し、原則として各期男女1名とし、いずれかの部の業務を担任
      するものとする。

(役員の職務)
 第8条 役員の職務は次に示すところによる。
   (1)会長は、本会を代表し、会務を総理する。
   (2)副会長は、会長を補佐し、会長事故あるとき又は会長が欠けたときは、会長があらか
     じめ定めた順位によりその職務を代行するとともに、指定された部の業務を統括する。
   (3)監事は、会務並びに会計を監査する。
   (4)幹事長は、会長の命を受け次の業務を処理し、副幹事長はこれを補佐する。
     ① 本会の運営及び組織全般に係る事項
     ② 本会の運営に係る情報の収集
   (5)常任幹事は、中間議決機関である常任幹事会を運営し、会務の企画運営について審議
     する。
   (6)部長は、担当部の企画執行に当たり、副部長はこれを補佐する。
     ① 総務部
        ア 会報の発送に関すること
        イ 庶務会計に関すること
        ウ 同窓会入会に関すること
        エ 同窓会会費に関すること
        オ 会員の慶弔に関すること
        カ その他、他の部に属さないこと
     ② 名簿部
        名簿の編纂に関すること
     ③ 会報部
        会報の編集発行に関すること
     ④ 組織部
        ア 会員の地区支部、職場支部及び各期の組織形成など組織強化に関すること
        イ 同窓会組織の現況把握に関すること
     ⑤ 文化部
        会員及び母校在校生の文化活動に関すること
     ⑥ 運動部
        会員及び母校在校生のスポーツ・レクリエーションに関すること
     ⑦ 史料部
        本会の資料蒐集整備に関すること
     ⑧ 事業部
        ア 植林(財団法人柏葉会)に関すること
        イ 野遊会、新年交礼会事業における当番期との連携に関すること
        ウ 本会及び母校の施設などの利用・促進及び管理に関すること

(役員の任期)
 第9条 役員の任期は2年とする。ただし、再任をさまたげない。
    2 補欠として選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
    3 役員は、辞任又は任期満了後においても、後任者が就任するまではなお、その職務を
      行わなければならない。

(名誉会長及び顧問・参与)
 第10条 本会に、名誉会長及び顧問並びに参与を置くことができる。
    2 名誉会長は、総会の推薦により会長が委嘱し、必要により会長の諮問に応ずる。
    3 顧問及び参与は、総会の推薦により会長が委嘱し、会務への助言及び相談に応ずる。
 

第 4 章  会 議

(種 別)
 第11条 会議は定期総会、常任幹事会、役員会、部会とする。
    2 総会は、定期総会及び臨時総会とする。

(構 成)
 1 常任幹事会は正副会長、監事、正副幹事長、常任幹事をもって構成する。
 2 役員会は、正副会長、監事、正副幹事長、常任幹事、正副部長をもって構成する。
 3 各部会は、担当副会長及び会長から指定された部に属する常任幹事並びに会長委嘱の会員を
   もって構成する。

(権 能)
 第13条 総会は、本会則に定めるものの他、本会の運営に関する重要な事項を議決する。
   (1)会則の改廃に関すること
   (2)事業報告及び収支決算に関すること
   (3)事業計画及び収支予算に関すること
   (4)その他重要な事項
 2 常任幹事会は、本会則に定めるものの他、次の事項を議決する。
   (1)総会に付議すべき事項に関すること
   (2)その他会長が必要と認めた事項
 3 役員会は、本会則に定めるものの他、次の事項を議決する。
   (1)総会及び常任幹事会の議決した事項の執行に関すること
   (2)常任幹事会に付議すべき事項に関すること
   (3)その他、総会及び常任幹事会の議決を要しない会務の執行に関すること

(召 集)
 第14条 本会の定期総会は原則として毎年5月に会長が召集する。ただし、会長及び常任幹事会に
      おいて必要と認めたときは、臨時総会を開催することができる。
    2 常任幹事会は、必要に応じ会長が召集し又は10名以上の常任幹事の要請がある場合は
      開催しなければならない。
    3 役員会は必要に応じ会長が召集する。
    4 部会は、必要に応じ部会長が召集する。

(議 長)
 第15条 総会の議長は、その総会に出席した正会員の中から選任する。
    2 常任幹事会の議長は会長がこれを務める。
    3 役員会の議長は、出席役員の互選による。

(議 決)
 第16条 会議の議事は、本会則に規定するもの他、出席者の過半数をもって決し、可否同数のとき
      は、議長の決するところによる。
 

第 5 章  事 務 局

(設 置)
 第17条 本会の事務を処理するため事務局を置く。
    2 事務局には、事務局長及び所要の職員を置く。
    3 事務局長及び職員は会長が任免する。
    4 事務局の組織及び運営に関して必要な事項は、役員会の議決を経て会長が別に定める。
 

第 6 章  会 計

(資産の構成)
 第18条 本会の資産は会費その他の寄付金等をもって構成する。

(会 費)
 第19条 本会の会費は卒業時に全日制生徒は10,000円を、定時制生徒は5,000円を10年間分前納し、
      卒業11年後からは年額1,000円を納入するものとする。

(特別会計)
 第20条 本会が行う事業に要する経費の一部に充てるため、特別会計を設けることができる。

(会計年度)
 第21条 本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
 

第 7 章  雑 則

(委 任)
 第22条 この会則の施行について必要な事項は、総会の議決を経て、別に定める。

付  則
1 この会則は昭和40年8月20日から施行する。
  昭和51年 5月15日一部改定
  昭和56年 5月15日一部改定
  昭和57年 5月15日一部改定
  昭和58年 5月15日一部改定
  昭和59年 5月15日一部改定
  昭和62年 5月30日一部改定
  昭和63年12月 8日一部改定
  平成 7年 5月29日一部改定
  平成 8年 5月27日一部改定
  平成13年 5月29日一部改定
  平成19年 5月21日一部改定
 

会員の責務および個人情報の取り扱いに関する規定

第1条 会員の責務と個人情報の取り扱いについては、本規定の定めるところによる。

第2条 会員は、会員となったときには、卒業期、氏名、住所、電話番号、進学の場合にあっては進学
    先の学校名(就職した場合にあっては、就職先名及び電話番号)を届け出るものとする。
   2 会員は前項について変更があった場合は、速やかに会長に届け出るものとする。
   3 会員は、個人情報の項目について削除を申し出ることができる。

第3条 本会は、会員から前条第3項により申し出があった場合は、本人であることを確認の上、削除
    するものとする。

第4条 会員情報として収集・保管した会員の個人情報については、機密保持に万全を期すとともに、
    個人情報保護法を遵守し、平成19年3月1日付の会報に掲載した「会員の個人情報の取り扱
    いについて」に基づき会員情報の適正な管理に努めるものとする。

付 則
1 本規定は、平成19年5月21日から施行する。
 

閲覧者の総数

80852人が見ました

アクセスマップ


 

北海道帯広柏葉高等学校

〒080-8503
北海道帯広市東5条南1丁目1番地
(郵便番号による住所検索サービスを利用の場合、東5条は080-0805となります)
TEL 0155-23-5897
FAX 0155-23-8796
 
Copyright and copy Ⓒ 2015-2017
Hokkaido ObihiroHakuyou HighSchool
Aii rights Reserved

 このホームページは、北海道帯広柏葉高等学校が教育利用を目的として運営している公式ホームページです。このサイトに含まれる内容・写真の無断転載・営業誌掲載をお断りします。