学校長挨拶

 本校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。この4月から本校の校長となりました 塚本 宏之 です。

本校の定時制課程は、昭和25年に高等学校の統廃合で北海道帯広柏葉高等学校と改称され、同時に行われた定時制課程の統合により、普通科、建築科、商業科が各1学級の計12学級でスタートしました。その後幾度かの改編を経て、現在は普通科1学級の計4学級となり、今年で65周年を迎えております。

 本校は、十勝管内で唯一の夜間定時制高校です。定時制課程は、戦後働きながら学ぶ人のために制度化され、大きな役割を果たしてきましたが、経済社会の変化に伴い、近年は、働きながら学ぶ人の数が減少する一方で、高校を退学したのち再チャレンジする人や、不登校経験などがあり時間的な余裕をもって学びたい人や、過去に高校教育を受ける機会がなかった人など、入学の動機はもちろんのこと、年齢層も様々な生徒が入学しています。

 本校では、学習に関しては、基礎・基本の定着に向け、個々の学習状況を教員間で情報交換しながら授業改善に努めています。生活に関しては、個人面談をはじめとして、学校生活の様々な活動を通じて、教員と生徒、生徒相互のコミュニケーションを図っています。互いに理解し合うことを出発点に、豊かな人間性を育む教育を目指しています。進路に関しては、キャリア教育の視点から卒業生講話や進路発表会を実施するとともに、生徒の適性に応じた指導と情報提供を心がけながら、進路実現をサポートしています。

 また、定時制課程は4年間で卒業することが基本となっていますが、本校では様々なニーズに応えられるよう、平成26年度入学生から北海道有朋高校(通信制)の科目を併修しながら3年間で卒業することが可能な三修制も実施しています。

 
帯広柏葉高校 定時制の沿革(抜粋)
1950(昭和25)年高等学校統廃合により北海道帯広高等学校と北海道帯広商工高等学校と
帯広市立工業高校が統廃合し、北海道帯広柏葉高等学校と改称   
定時制課程:普通科1間口 建築科1間口 商業科1間口 計12学級
1956(昭和26)年商業科が帯広三条高校へ移管 普通科1間口・建築科1間口 計8学級
1963(昭和38)年建築科募集停止 普通科単置2間口となる
1992(平成 4)年 
普通科1間口減(1学年1学級) 入学定員40名
2003(平成15)年 
全日制80周年・定時制50周年記念式典
2013(平成25)年全日制90周年・定時制60周年記念式典

 詳細は、全日制のHPに掲載されています(こちらをクリックすると開きます)